Primary tabs

Mr. Junkyo Fujieda's picture

藤枝 純教(ふじえだ じゅんきょう)

グローバル情報社会研究所株式会社 代表取締役社長
一般社団法人 CRM協議会 代表理事・会長
オープン・グループ 日本代表・会長
株式会社ロココ 社外取締役
≪TOGAF® 9 認証者、ArchiMate®3 認証者、IT4ITTM 認証者
TOGAF® ビジネス・アーキテクチャ レベル 1 認証者

1961 年 3 月 京都大学 文学部卒業
1961 年 4 月--1984 年 2 月 日本アイ・ビー・エム㈱にシステムエンジニアとして入社、
営業所長、システム開発部長、本社マーケティング統括、
システム開発㈱ 代表取締役専務を歴任
1984 年 5 月--1996 年 3 月 ㈱CSK専務取締役、CSKインターナショナル㈱社長、㈱CSI社長、
マイクロノーシス Inc. 副会長、日本ウェーブフロント㈱ 社長、
㈱セガ・エンタープライゼス等関連会社 13 社の役員を同時併任
1995 年 4 月--1996 年 3 月 ジュニアサミット事務局長 就任
1996 年 4 月--現在 グローバル情報社会研究所㈱創立
1997 年 4 月--2002 年 3 月 中央大学大学院 総合政策研究科 客員教授 就任
1998 年 1 月--現在 The Open Group 日本代表・会長 就任
2000 年 6 月--2009 年 9 月 CRM協議会 理事長 就任<一般社団法人CRM協議会に移行>
2003 年 4 月--2015 年 3 月 信州大学 経営大学院 客員教授 就任
2003 年 4 月--2013 年 3 月 京都大学 学術情報メディアセンター 講師 就任
2004 年 4 月--2006 年 3 月 東京電機大学大学院 講師 就任
2007 年 3 月--2017 年 3 月 サイオステクノロジー㈱ 取締役 就任
2009 年 10 月--現在 一般社団法人CRM協議会 会長 就任
2011 年 2 月--2017 年 3 月 SIOS Technology Corp. 取締役 就任
2011 年 11 月--2021 年 5 月 京都大学 IT アドバイザー 就任
2020 年 12 月--現在 ㈱ロココ 社外取締役 就任 現在に至る

<<<主な著書>>>
1968 年 「プロジェクトマネージメント論」
1974 年 「大型情報処理体系」 共立出版社
1988 年 「システム論」:情報処理ハンドブック 14 編:情報処理学会・オーム社
1996 年 「Junior Summit ‘95 報告書」 監修
2001 年 「カスタマー・マーケティング・メソッド」監修
2003 年 「グローバル情報社会に生き抜くためのオープンシステムと情報セキュリティ」
2005 年 「TOGAF® Version 8 エンタープライズ・エディション解説書」監修
2006 年 「グローバル情報社会-激動の 10 年- 1996 年~2006 年 GIS FORUM ドキュメンタリー」出版
2010 年 「TOGAF® Version 9 -日本語訳版-」 監修
2011 年 「TOGAF® Version 9 Pocket Guide -日本語訳版-」 監修
2012 年 「TOGAF® Version 9.1 -日本語訳版-」 監修
2016 年 「ArchiMate® Version 2.1 -日本語訳版-」監修
2018 年 「ArchiMate® Version 3.0.1 -日本語訳版-」 監修
2018 年 「IT4ITTM Reference Architecture Ver. 2.1 -日本語訳版-」 監修
2018 年 「TOGAF® Standard Version 9.2 -日本語訳版-」 監修
2020 年 「TOGAF® ビジネス・アーキテクチャ レベル 1 Study Guide -日本語訳版-」 監修
2005 年 「CRM 2004 ベストプラクティス白書」、2006 年「CRM 2005 ベストプラクティス白書」
2007 年 「CRM 2006 ベストプラクティス白書」、2008 年 「CRM 2007 ベストプラクティス白書」、
2009 年 「CRM 2008 ベストプラクティス白書」 (CRM 協議会 理事長(発行責任者)として、序文及び論文を掲載)
2010 年 「CRM 2009 ベストプラクティス白書」、2011 年 「CRM 2010 ベストプラクティス白書」、
2012 年 「CRM 2011 ベストプラクティス白書」、2013 年 「CRM 2012 ベストプラクティス白書」、
2014 年 「CRM 2013 ベストプラクティス白書」、2015 年 「CRM 2014 ベストプラクティス白書」、
2016 年 「CRM 2015 ベストプラクティス白書」、2017 年 「CRM 2016 ベストプラクティス白書」、
2018 年 「CRM 2017 ベストプラクティス白書」、2019 年 「CRM 2018 ベストプラクティス白書」、
2020 年 「CRM 2019 ベストプラクティス白書」、2021 年 「CRM 2020 ベストプラクティス白書」
(一般社団法人 CRM協議会 会長(発行責任者)として、序文及び論文を掲載)

Mr. Steve Nunn's picture

President and CEO, The Open Group

Steve Nunn は、IT 標準を通じてビジネス⽬標の達成を可能にするグローバルコンソーシアムである 
The Open Group の社⻑兼最⾼経営責任者。 
1993 年に The Open Group に参画し最⾼執⾏責任者兼法務担当役員を歴任。 
2010 年から 2015 年まで AEA の CEO を務める。 

法律家として、仏語で法学位の勉強をし、弁護⼠資格を取得した。 
彼は⻑いこと英国で暮らし、2007 年からはサンフランシスコ・ベイエリアに居住している。そこで家族と暮らし、 
ウォーキング、ゴルフ、80 年代⾳楽を楽しんでいる。また、彼は終⽣ウェストハム・ユナイテッドのファン。 

Ms. Rie Matsumoto's picture

松本 理恵(まつもと りえ)⽒
経済産業省 
商務情報政策局 情報技術利⽤促進課(IT イノベーション課) 
課⻑補佐(総括) 
学歴 
2007 年 3 ⽉ 東京⼤学⼯学部卒業 
2009 年 3 ⽉ 東京⼤学⼤学院情報理⼯学系研究科修⼠課程修了 
職歴 
2009 年 経済産業省⼊省 
2009 年 産業技術環境局産業技術政策課 
2011 年 商務流通保安グループ製品安全課(総括係⻑) 
2013 年 ⼤⾂官房会計課(審査専⾨職) 
2015 年 在イスラエル⽇本国⼤使館経済担当(投資協定交渉、企業⽀援、科学技術協⼒等) 
2018 年 ⼤⾂官房グローバル産業室(「技術の地政学」(ジオ・テクノロジー)の調査研究) 
2020 年 ⼤⾂官房危機管理・災害対策室(新型コロナウイルス代替消毒⽅法検討業務) 
2020年 商務情報政策局情報技術利⽤促進課(企業 DX⽀援、地域 DX促進、IT⼈材育成等) 
主な著作物 
『知っておきたい製品安全・製造物責任の最新動向』⽇本規格協会, 2013(共著) 
"Journalist Robot System: Robot System Making News Articles from Real World", 
IEEE/RSJ Intʼl. Conf. on Intelligent Robotics and Systems, 2007

Mr. Ken Komazawa's picture

駒沢 健 (こまざわ けん) 氏 
日本電信電話株式会社 
技術企画部門 IT 推進室 次長 


【TOGAF®9 Certified】


1997 年日本電信電話株式会社(NTT)に入社。NTT グループの主要会社、NTT コムウェアに転籍
し、セキュリティ技術者として主にグループ会社へセキュリティシステムの開発・構築からコンサルま
で幅広く活動を展開。2014 年に日本電信電話株式会社へ転籍し、現在の IT 推進室 担当部長
に就任。
得られた知見とさらなるセキュリティ意識の高まりから NPO 法人日本ネットワークセキュリティ協会
(JNSA)のアイデンティティ管理 WG に参画し、『クラウド環境におけるアイデンティティ管理ガイドラ
イン』(第 1 版 2011 年、改定新版 2013 年)の主要執筆者として活動し、現在も継続中。
https://www.jnsa.org/active/std_idm.html
2010 年より NTT グループの IT ガバナンス活動に従事し、グループ IT 方針・戦略の策定から情報
システムのアプリケーションポートフォリオ管理を行い、子会社とともに IT コスト最適化、システム 
統合等を実施。2014 年よりグループ経営情報可視化プログラムに取組み海外子会社含めた経営
情報可視化の方針策定からシステム構築まで実現し、一般社団法人日本データマネジメント・コン
ソーシアム(JDMC)より評価を受け、2018 年データマネジメント大賞を受賞。
https://it.impressbm.co.jp/articles/-/15763

Mr. Yuzuru Fukuda's picture

福田 譲 氏(ふくだ ゆずる) 氏
富士通株式会社
CIO(最高情報責任者)
CDXO(最高デジタル変革責任者)補佐
執行役員常務

 

1997 SAPジャパン入社 大手化学・石油メーカー担当の法人営業
2002 プロセスインダストリーセクター 第二営業部 部長
2007 バイスプレジデント ビジネスプロセスプラットフォーム本部長
2011 同 プロセス・ディスクリートインダストリーセクター本部長
2013 同 営業統括本部長
2014 代表取締役社長
2020 退任(3月)・現職(4月~)
早稲田大学 教育学部卒業(1997年)
INSEAD(欧州経営大学院) RMDP修了(2006年)
慶應大学ビジネススクール 高等経営学講座修了(2012年)
早稲田大学ビジネススクール GRLP修了(2016年)
株式会社SHIFT 社外取締役(2018-19)
経済産業省 DX研究会委員(2020, 21)
国際CIO学会 評議員(2020~)
情報処理推進機構(IPA) デジタルアーキテクチャデザインセンター(DADC) アドバイザリーボード
WEF(世界経済フォーラム) Chief Digital Officer Community Member
LinkedIn 最も発信力のあるリーダー10人(Influencer of the year 2020)
千葉県柏市出身・趣味:B級グルメ・歴史探訪・スキー・水泳・ドライブ・旅行
1975年1月30日愛知県生まれ・2男1女・パーパス「日本を、世界を、もっと元気に!」
 

Mr. Norishige Morimoto's picture

森本 典繁 (もりもと のりしげ) 氏 
日本アイ・ビー・エム式会社 
常務執行役員 最高技術責任者

【講師略歴】
1987 年入社後、メインフレームや PC 用の CRT 及び液晶ディスプレイの開発を担当。
1995 年に米マサチューセッツ工科大学(MIT)留学を経て、1996 年 IBM 東京基礎 
研究所に転入。以降、音声、画像、映像処理と著作権保護技術、モバイル・コン 
ピューティングの研究プロジェクト・リーダなどを担当。2004 年に IBM Business 
Consulting 出向、2006 年に米 IBM ワトソン研究所赴任、グローバル研究戦略担当を
経て、2009 年に IBM 東京基礎研究所所長に就任。2015 年に IBM Asia Pacific に 
転出し Chief Technology Officer を担当。その後、2017 年に日本アイ・ビー・エム 
執行役員 研究開発担当、2020 年に最高技術責任者を兼任。2021 年より常務執行
役員 最高技術責任者 兼 研究開発担当

Mr. Masatoshi Nishi's picture

西 将利 (にし まさとし) 氏 
株式会社 INPEX
再生可能エネルギー・新分野事業本部
新分野事業ユニット
副ジェネラルマネージャー
OSDU 入会時期:2020 年 10 月 
 
1992年 Schlumberger Oilfield Service 入社
 2013年 国際石油開発帝石株式会社入社(現:株式会社 INPEX)
2021年2月 新分野事業ユニット 副 GM
略 歴 
1992 年早稲田大学理工学研究科修了、Schlumberger Oilfield Service に入社、wireline 部門の現場
作業にインドネシア・オーストラリア・日本など、アジア・オセアニア地域で 7 年従事、その後、日本•中東
で支店長・事業部長を含むマネージメントを 7 年、さらに東南アジア人材開発事業統括、日本人事部長
を計 6 年歴任。
2013 年 INPEX 入社。技術本部技術基盤ユニットにて若手育成プログラムの立ち上げを主導、その後、
CCS 関連業務、DX 推進の立ち上げに携り、2021 年から現職、新事業立ち上げを目指したグループを
主導

Dr. Shoji Kajita's picture

梶田 将司(かじた しょうじ)博士

京都大学
情報環境機構 IT 企画室
教授
工学博士

The Open Group 認証
TOGAF® 9 Certified Enterprise Architect
ArchiMate® 2 Certified

情報基盤工学・フィールド情報学・メディア情報学分野における研究者・実践者。
「情報技術と人間社会のバランスのよい発展」を目指している。現在は、様々な学問分野
の人々が多様な活動を行う大学を「研究フィールド」と位置づけ、大学における教育・ 
学習活動や学術研究活動を情報技術により質的転換するための研究開発・実践活動を行う
ことを通じて、実際の社会生活を豊かにする新しい情報技術や利用技術の実現・普及を 
目指している。

平成 2 年名古屋大学工学部情報工学科卒業
平成 7 年同大学院工学研究科情報工学専攻博士課程満了
平成 14 年名古屋大学情報連携基盤センター助教授
平成 19 年同准教授
平成 21 年情報連携統括本部情報戦略室准教授
平成 23 年 10 月京都大学情報環境機構 IT 企画室教授、現在に至る。

平成 10 年日本音響学会第 15 回粟屋潔学術奨励賞
平成 13 年電子情報通信学会第 57 回論文賞
平成 21 年 IBM Shared University Research (SUR) Award 受賞

情報処理学会,電子情報通信学会,日本音響学会,日本教育工学会,
教育システム情報学会,日本高等教育学会,IEEE,ACM 各会員.博士(工学)

Mr. Kyoichi Matsuzawa's picture

松澤 匡乙(まつざわ きょういち) 氏

キンドリルジャパン合同会社
インフラストラクチャーサービス チーフアーキテクト
第二ソリューション・デザイン シニアアーキテクト

【TOGAF® 9 Certified, ArchiMate® 2 Certified, IT4ITTM Certified】
1996 年 4 月 日本 IBM において流通業大手数社のシステム開発にシステムエンジニアとして従事
2001 年 4 月 クライアント・テクニカル・アドバイザとして大規模案件のソリューショニング、中長期計画 策定支援を担務
2005 年 2 月 大手小売業における次世代イノベーション推進事案にエンタープライズアーキテクトと して参画
2007 年 1 月 大手商社の TA 策定プロジェクトにエンタープライズアーキテクトとして参画
2007 年 10 月 大手商社の SOA グランドデザイン策定プロジェクトにアーキテクトとして参画
2009 年 1 月 宅配業大手におけるビジネス・トランスフォーメーション・アウトソーシング案件にアーキ テクトとして参画
2012 年 10 月 大手金融機関におけるレガシーシステム分析およびモダナイゼーション計画を実施
2017 年 10 月 大規模アウトソーシング案件におけるチーフアーキテクトとして数社を担当し、複数 
アカウントにてアーキテクチャロードマップ策定とトランジション遂行に従事
2021 年 9 月 日本 IBM よりキンドリルジャパン合同会社が分離、同社へ移籍

Mr. Jun Yoshihara's picture

吉原 淳(よしはら じゅん) 氏

株式会社セゾン情報システムズ
執行役員
カスタマーサービスセンター長
【TOGAF® 9 Certified / ArchiMate® 3 Certified】

・略歴:
・1997 年 DDI 東京ポケット電話株式会社(現:ソフトバンク株式会社)に入社。
 カスタマサービス部にて問い合わせ受付業務や、CRM システムの企画/開発/
 導入に携わる
・2010 年 株式会社ミクシィに入社。新センターの立上げ(サイト監視業務)に従事
・2011 年 株式会社セゾン情報システムズに入社
・2014 年 HULFT 事業部 カスタマーサービス部 品質マネジメント課 課長
・2015 年 HULFT 事業部 カスタマーサービス部 次長
・2017 年 HULFT 事業部 カスタマーサービス部 部長
・2021 年 執行役員 カスタマーサービスセンター センター長(現職

Mr. Hisaya Sakashita's picture

坂下 久弥(さかした ひさや) 氏

株式会社エル・ティー・エス
執行役員
グループ内部監査室長
【TOGAF® 9 Certified, TOGAF® Business Architecture Level 1 Certified】

日本のコンサルティング会社である株式会社エル・ティー・エスのグループ内部監査室長を
務めてい る。カ リフォルニ ア州立大学フラ トン校で会計学を学び(Summa Cum 
Laude.)現在は慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科でシステムズ
エンジニアリングを学んでいる。オープングループ・ジャパンが主導するプロジェクトに積極的に
参加している

Mr. Hidenori Furuta's picture

古田 英範(ふるた ひでのり)氏

富士通株式会社 代表取締役副社長 COO 
1982年にシステムエンジニアとして富士通株式会社に入社。

大手石油・化学分野の顧客を中心に数々の大規模システムインテグレーションプロジェクトを
担当。また電子製造業顧客向けのグローバルなシステム統合プロジェクトのマネジメント等にも
従事。2012年に執行役員となり、2014年に執行役員常務としてグローバルデリバリー部門を
担当。英国に拠点を移し、グローバルなソリューション及びサービスデリバリーを拡大すると同時に、
デリバリー品質や手法の標準化を実現。2018年より執行役員専務としてデジタルサービス
部門の責任者となり、社内外のデジタル・トランスフォーメーションを牽引。2019年からは
CTO/CIOを兼務し、同年6月より代表取締役副社長に就任。2020年には代表取締役副
社長(兼)CTOとなり、ソリューシ ョンサー ビス事業全体の責任者である、グローバル
ソリューション部門と海外リージョン部門を担当。2021年7月より現職。

富士通グルー プは、⽇本 を含む世界6リージ ョ ン180カ国以上で事業 を展開 し てい る
ITサービス企業。大規模かつ先進的なシステムを構築してきた高い技術⼒と豊富な実績に
よって、ITサービスでは国内No.1、グローバル上位のシェアを占めている。The Open Groupに
は1996年より加入。1996年~2006年はPlatinumメンバーとして活動。その後当社体制変更
等により2007年よりGold Memberとなり、2016年には再度Platinum Memberとして加入し、
同時にGoverning Boardメンバー企業になる

Mr. Nobuo Kita's picture

喜多 伸夫(きた のぶお)氏 

サイオス株式会社
サイオステクノロジー株式会社
代表取締役社長

1959 年 8 月 3 日生まれ(62 歳)
大阪府出身

【TOGAF® 9 Certified】

1993 年から 1999 年までの米国生活中に Linux と出会い、シリコンバレーの Linux ベンチャー企業の
立ち上げを支援するとともに米国のオープンソースソフトウェア開発者と積極的に交流。1999 年に帰国
後、Linux システムメーカーのナンバーワンを目指してノーザンライツコンピュータ株式会社の社長に就任。
2002 年 1 月、株式会社テンアートニと同社の合併により、株式会社テンアートニの社長に就任。
2006 年 3 月、株式会社テンアートニからサイオステクノロジー株式会社へ名称変更し同社の社長に就
任。同年、サイオステクノロジーの The Open Group への加入を指導。
2017 年 10 月、持株会社制移行に伴い、サイオステクノロジー株式会社からサイオス株式会社へ名称
変更、事業会社であるサイオステクノロジー株式会社の社長に就任(現職)。京都工芸繊維大学卒。
一般社団法人 WebDINO Japan(旧 Mozilla Japan)理事。

Mr. Kazuhiko Hasegawa's picture

長谷川 一彦(はせがわ かずひこ)氏  

株式会社ロココ - 代表取締役社長
https://www.rococo.co.jp/
The Open Group 入会時期:2003 年 8 月
1994 年 6 月 7 日、長谷川が一人で設立したロココは、創造的クラウド・ソリューションカンパ
ニーとして、人・企業・社会へ、ITを活用した「ココロ」のこもったサービスを提供し続け、
今年で創立 27 周年を迎えました。
【生年月日】
昭和 26 年 12 月 23 日(69 歳)
【出身地】
滋賀県大津市
【職務経歴】
昭和 46 年 11 月 コンピュータサービス株式会社(現:SCSK 株式会社)入社
昭和 51 年 10 月 同社 西日本事業本部 インプットセンター 部門長 就任
昭和 55 年 8 月 同社 西日本事業本部 九州営業所 所長 就任
昭和 58 年 10 月 同社 ビジネスサービスセンター 部門長 就任
昭和 60 年 3 月 同社よりアイ・エヌ・エス株式会社 出向
昭和 61 年 2 月 アイ・エヌ・エス株式会社 取締役 就任
昭和 62 年 12 月 同社 常務取締役 就任
平成元年 12 月 同社 専務取締役 就任
平成 6 年 3 月 同社 退職
平成 6 年 6 月 株式会社ロココ 設立
代表取締役社長 就任(現任

Mr. Yoshiyuki Tanimura's picture

谷村 佳幸(たにむら よしゆき) 氏 

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社
副社長 最高人事責任者(CHRO) (兼) 最高コンプライアンス責任者(CCO)

1987 年九州大学総合理工研究所にて修士課程を卒業後、日本アイ・ビー・エムに入社。
日本アイ・ビー・エムではアカウント SE、プロジェクトマネージャー、デリバリーエグゼクティブを
経験後、2010 年アイティフロンティアに入社。2013 年取締役副社長に就任するとともに、CTO(Chief 
Technology Officer)としてデリバリー組織全体を統括。2014 年 7 月、TCS と三菱商事株式会社との合
弁会社である日本 TCS が発足し、副社長 サービスデリバリー担当として 2021 年 3 月までデリバリー
組織を統括。2021 年 4 月より現職。

タタコンサルタンシーサービシズ(TCS)は、世界中の大手企業の変革への道のりを支援している、 
50 年以上の歴史を持つ IT サービス、コンサルティング、およびビジネスソリューション企業です。 
世界最大規模の多国籍複合企業体であるタタ・グループに属し、最高水準のトレーニングを受けた 
50 万人を超える人材が世界 46 カ国で事業を展開しています。TCS はコンサルティングを基盤とし、 
コグニティブ技術を活用した BPS、エンジニアリング・サービスやソリューションを総合的に展開して
います。これらを卓越したソフトウェア開発の基準として認識されている、TCS 独自の「ロケーショ
ンインディペンデント・アジャイル・デリバリーモデル(Location Independent Agile™ delivery 
model)」を通じ、地理的な制約にとらわれることなく提供しています。近年には時価総額 1,000 億ドル
を突破し、2020 年 10 月には世界の IT サービス企業の中で時価総額トップに躍り出るなど、世界有数
の IT サービス企業に成長してきました。

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ(日本 TCS)は、 TCS と、グローバルで多様なビジネスを
展開する三菱商事の合弁会社として 2014 年に発足しました。日本とグローバルのハイブリッドなチー
ム編成でサービスを提供し、世界と日本の知見を融合した最高のソリューションをお客さまにお届けし
ています。現在、ビジネスパートナーを含む国内約 4,000 人と、インドにある日本企業専用デリバリー
センター(JDC: Japan-centric Delivery Center)約 4,000 人、総勢 8,000 人以上のプロフェッショナ
ルがグローバルで連携し、あらゆる規模・内容の要望に応えられる拡張性とケイパビリティで、日本の
お客さまをサポートしています。

日本 TCS は、グローバルなイノベーション力と集合知および日本企業の強みへの深い理解により、 
お客さまの「Gateway to Globalization」(業種やビジネスの拠点を問わず、お客さまの競争力を高める
パートナー)かつ「Catalyst for Technology-led Business Innovation」(IT やデジタル技術を駆使し、
お客さまのビジネス変革を加速するパートナー)として、皆さまの成長と変革、そしてパーパスの実現
に共に取り組みます

Mr. Hiroaki Kabashima's picture

樺島 弘明(かばしま ひろあき)氏

株式会社エル・ティー・エス
代表取締役社長

1998年慶應義塾大学経済学卒業後、ING生命保険株式会社入社。代理店営
業・マーケティング業務を経験。株式会社IQ3を経て、株式会社ラーニング・
テクノロジー・コンサルティングで営業担当ゼネラルマネジャー。
2002年3月に株式会社エル・ティー・エス(LTS)設立に参画し取締役就任。
同年12月より現職

Mr. Masao Shibutami's picture

澁田見 正雄(しぶたみ まさお) 氏

旭テクネイオン株式会社
執行役員
統括経営本部 副本部長

【TOGAF® 9 Certified】


1994 年 3 月       旭計器工業株式会社(現 旭テクネイオン株式会社)入社 システム事業部配属
1994 年 3 月       RFID 関連業務に従事
1996 年 9 月       自社イントラネット構築に従事
1998 年 10 月     旭テクネイオン株式会社が The Open Group に加入
2006 年 3 月       アメリカ事務所駐在
2009 年 3 月       本社異動
                               統括経営本部情報システム室室長
2010 年 3 月        TOGAF® 9 認証取得
2017 年 1 月        統括経営本部副本部長

Mr. Kazuhiro Uchida's picture

内田 和弘(うちだ かずひろ)氏 
株式会社セゾン情報システムズ
代表取締役社長

1983 年コンピューターサービス株式会社(現 SCSK 株式会社)入社。その後、日本アイ・ビー・ 
エム株式会社との合弁会社や株式会社シマンテック(現 株式会社ノートンライフロック)をはじめ、
複数の IT 企業で営業責任者を歴任し、経営に携わる。2011 年 4 月に株式会社セゾン情報シス
テムズ入社。HULFT 事業を飛躍的に成長させるとともに、グローバル展開を推進。2014 年同社
取締役、2015 年常務取締役。2016 年 4 月より現職就任。2021 年 8 月 The Open Group 入会

Mr. Shigeki Suzuki's picture

鈴木 茂樹(すずき しげき) 氏 
一般社団法人 CRM協議会
副会長

鈴木 茂樹 氏は、1981 年に郵政省に入省し、1985 年の通信自由化以来、通信
市場における競争促進、電波制度の規制緩和と移動体通信への積極的な周波数
割当て、地上放送のデジタル化の推進 4K8K 等高精細放送の実現、光ファイバ
ー及び 4G5G 移動通信による有線無線ブロードバンドインターネットの普及と
Web サービスの発展など情報社会の実現に尽力してきた。
1995 年には、初めての情報社会 G7 大臣会合に日本側スタッフとし参加し、
その成功に貢献した